アメリカから日本へSFAの導入

SFA(営業支援システム)の始まりは1990年まで遡り、その初めは今なお世界をリードし続けるアメリカだと言います。
このアメリカで提唱され始めたSFAは、情報社会を生きて上でとても役に立ち、営業業務の一環をサポートしてくれます。
特に土地の広いアメリカでは、営業に出てしまうと、移動期間中に情報収集や顧客管理といったオフィス内で行われければいけないことができなくなり時間の無駄ができてしまうのが現状でした。
こうした無駄が出てしまいますと、労働時間の増加やモチベーションの下落に繋がり問題になっています。
このような問題を解決してくれるのがSFAであり、今では日本でも導入を始めている企業が徐々に増えているようです。
外出先や出張先でオフィスに戻らず業務をできるのは、営業の皆様にとって喜ばれているそうです。
営業さんだけは仕事が成り立ちませんが、案件を取ってきていただかないことには企業の発展はないですので、営業さんのサポートを忘れてはいけないでしょう。

関連menu

更新情報

ボックス画像1

SFA(営業支援システム)が日本国内で普及し始めていますが、あまり浸透しているとは言えない状態です。

SFAを日本で普及する難しさ

ボックス画像2

営業として働きたい方や転職で新たに営業の仕事をご希望なされる方にオススメなのが、SFA(営業支援シス

SFAを導入している企業で営業として働く

ボックス画像3

今人気のシステム「SFA」ですが、実は企業以外にも人気があるのをご存知でしょうか?どのようなユーザー

ユーザーが多種多様なSFAの秘密をひも解く

Copyright© SFA All Rights Reserved.

アメリカから日本へSFAの導入